>> アフィリエイトやブログ以外のネット副業まとめました!

ブログ記事外注の際の記事単価や文字単価の平均を考える必要は無い

ブログの外注化 記事単価と文字単価の考え方

ブログの外注化 記事単価と文字単価の考え方

今回は記事を外注する際の単価についてのお話です。発注する際にはわりと悩む問題ではありますが、僕自身も外注をする立場としてこの辺りの考え方について書いていこうと思います。

まずは全体の予算と規模を組むことから始める

前回の記事(参考:外注化戦略の基本的な考え方)でも触れていますが、外注化を行うのであれば運用計画まで含めたサイト設計、要するにロードマップの策定はしっかりと行わなければなりません

この段階でブログ全体での記事数はどのくらいにするのか、外注をするのであれば外注費用はいくらくらいにするのかといったことも当然ながら考えなければいけないわけです。

アフィリエイトブログのように、100~200記事投入しておけばいいだけなのか、あるいはトレンドブログやまとめサイトのように毎日何記事もの投稿が必要なのかどうかでも予算は変わってくるでしょう。

仮にアフィリエイトブログで200記事投入を予定していれば、単価3000円で外注するとしたら合計で60万円です。まとめサイトのように簡単な作業で記事作成が出来る場合は単価も低くなりますが、仮に1記事200円、1日10記事作成でだとしたら1ヶ月あたり6万円の費用が発生するわけです。

外注費用を払ったとしても黒字化するにはどういった広告を貼り、どれだけのアクセス数が必要であるかというのは、設計の段階から最優先で考慮しなくてはいけません。この考え無しに外注化は決してうまくいくなんてことは有り得ないわけです。

文字単価という悪しき慣習

ライティング 文字単価

ライターを募集しようと思ってる、あるいはライターになりたいと考えている人は「文字単価」というものを見たことがある方も多いと思います。これは1文字あたりいくら支払うかという数値であり、仮に文字単価1.0円、3000文字の記事となれば1記事3000円で外注しますよという意味になります。

クラウドソーシングサイトなどでは、ライターの募集にこの文字単価が良く使われるわけですが、実はこれはあまり良い慣習ではありません

無理に文字数を設定すると記事の質は落ちる

このサイトを含め、外注をすることもありますが僕自身で記事を書く機会もまだまだ多いわけですが、文字数を意識して記事を書いたことなんていうのはありません、

仮に5000文字以上で記事を書けと言われれば当然書くことはできますが、キーワードであったりジャンルによっては文字数が不足する場合があります。そうするとどうなるか。簡単です。無駄な言い回しを付け加えたり、適当な例え話を入れたりして文字数を稼ごうとします。もしくは一応関連性はあるけども、あまりに常識的なことですら見出しに入れてしまうかもしれません。

結局のところ文字数を設定することは、読み手側へプラスになるということはほとんどないわけです。

普通にライティングをすれば自然と文字数は落ち着く

記事のタイトルが決まり、それを細かく解説する見出しを過不足なく出していき、適度な文章量で読みやすい自然な記事を意識していけば、特に文字数なんてものはライター側に伝えずとも、2000~5000文字程度(平均で3000文字前後)で落ち着くでしょう。

なので、もしライターに記事作成を依頼する場合「文字数を〇〇文字以上で書いて下さい」といった指示は本来不要で、記事サンプルを見せるなりして「このくらいのボリューム量で書いてください」と伝えるべきなのです。

僕が外注をお願いする際、ライターに最初に言うことは「文字数は一切気にしないで、むしろ冗長な言い回しや表現は避けて分かりやすい文章にして下さい」です。

参考までにこの記事もちょうど3000文字程度に収まっています。

記事単価で依頼することを推奨

文字数を気にして外注すると冗長な文章になってしまうのは先ほど述べた通りで、であれば1記事あたり〇〇〇円といった形で設定して依頼するほうがよほど良い訳です。その際に見本となる記事は必ず用意しておき、このくらいのボリュームでお願いしたいという旨を予め伝えておくことでトラブルも防ぐことができます。

記事単価を抑えるなら極力テンプレ化

僕が実際に外注する際の1記事あたりの単価は平均して2000~3000円前後です。単価としては比較的安い方になりますが、記事見本からライティングのマニュアル、記事用のテンプレートまで最初に用意しておき、それに従って埋めて行くだけで記事が作成できるように効率化を図っている結果です。

テンプレート化するメリットは大きく2つあり、1つはライターが作業しやすいこと、もう1つが複数のライターにお願いしても記事の品質が一定になりやすいという点にあります。

いくら単価が高くても、1記事に何時間も掛かるようなライティングであればライターにとっても割りに合わないでしょう。逆に単価がそこまで高く無くても、短時間でスムーズに作業でき、時給換算が可能なものであれば納得して作業して貰うことが出来ます。

僕の場合、テンプレートを準備し、必要であれば記事のタイトルや見出しもこちらで用意するといった形で運用することで、記事単価は2000~3000円程度、文字数としては3000~4000文字程度で仕上がってきますが、よほどタイピングが遅くなければ2時間以内に作成が可能なように最初から設計しています。

テンプレ/マニュアル化で品質を安定させる

記事の書き方は人それぞれで、1から10まで全てのライティングをお願いしてしまうと、記事ごとのクオリティがバラバラになってしまうためあまり好ましいことではありません。そこでテンプレート化することが重要な訳です。

WordPressの場合、記事テンプレート用のプラグイン(TinyMCEテンプレートなど)を使用すると簡単にテンプレートを作ることができます。

またテンプレートと同時にマニュアルも必要です。ただし出来る限り簡潔にしておかないとライター側にも伝わらないので注意が必要です。よくマニュアルだけで10ページも20ページも用意しているような人も見かけますが、僕の場合、マニュアルは5分もあれば全部読める程度の量でまとめています。

全てをマニュアル化することはできないので、重要なことをメインでまとめ、分かりづらい部分は記事見本に注釈を入れる形で解説しています。

文字単価ではなく時給換算で考えるといい

ということでこれが今回の結論になります。

できる限りテンプレ化・マニュアル化を行い、どの程度の時間でライティングできるかを想定することが大事であり、2~3時間で書ける内容であれば時給1000円換算で2000~3000円で発注するということも可能になる訳です。

この結論に至った理由ですが、短時間で一定のクオリティの記事を書けないライターは、結局時間を掛けてもまともな記事になるケースの方が少なく、リライトが必要にことも多いためです。そのため僕の場合は「時給換算で記事単価をこのくらいに設定しているので、これ以上掛かる場合はおすすめしません」とハッキリ伝えています。

あくまで安く買い叩きたいわけではなく、金額に見合うだけの記事をしっかり納品して貰うための仕組みなわけです。